2019年10月

渡辺公美子

満月は満月の美しさ
十五夜は十五夜の美しさ
十三夜は十三夜の美しさ
満月のように完全ではないけれど
足りないものにもそれぞれの美しさや魅力があって
欠けているところばっかりの私は
月を見るのが大好きです

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2019年9月

一日の終わりに

悲しい事やいやな事があっても
お月様に向かって
今日はいい日だった とつぶやいてみる
それでこの日の意味が 変わるような気がするから
お月様のチカラって
すごいと思うのです

明日もいい日でありますように

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2019年8月

むくむくと湧き上がる入道雲が夕立になり
乾いた大地を潤してくれます
木陰や小さな風はやさしくて
日暮れに響く虫の声は一服の清涼剤
自然界にはやさしさがいっぱいなのですね

よいお盆をお過ごし下さいませ

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2019年7月

死は亡くなるのではない
溶けること
光、風、空気、水に溶けること
とけていつもそばにいること

フランス人の死生観だそうです
一日に何度もこの言葉を思い出しながら過ごしています

明日もどうぞよい一日を

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2019年6月

両親が植えた、藤の花、モクレン、つつじ
紫陽花、ぎぼうし、百日紅、etc、
それぞれの花が咲いたり
新しい葉が生まれたり
いのちいっぱい生きています
庭にお米をたくさん蒔いたら
スズメや小鳥は空に向かって大合唱♪
生きているって、
いのちって、愛おしいものですね

明日もきっといい日

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |
1 / 1812345...10...最後 »