2020年11月

今日は生まれたての新しい一日
人生は真っ白いキャンパス
今日は 何色で塗りましょうか

明日もきっといい日♪

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2020年2月

よろこびいっぱいの春ももう少しですね。
ある本に「令和の春はききかんを持って」とありました。
「ききかん」は「嬉々感」「喜々感」「希々感」だと。
希望いっぱい晴れやかに
一日一日をよろこんで生きられたら
毎日大吉ですね。

明日もきっといい日

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2019年12月

手のひらに舞い降りて来たひとひらの雪
こんにちは よく来たね
一瞬一瞬が一期一会の連続
今この瞬間の出会いをよろこんで暮らしたいと思います

来年もどうぞよろしくお願い致します

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2019年11月

私は落ち葉
朽ち果てた姿だけど、土を温めてあげましょう
溶けたら土の養分となって
根を温めてしっかり守ってあげる
やがて雪が溶けて、
新しい芽が吹き、花が咲くまで
私はよろこんで守ってあげるね

死してなお生きている命
死しても守り続ける命
命とは、愛なのかもいれない
ふとそんな事を思った朝でした

明日もきっといい日

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2019年10月

渡辺公美子

満月は満月の美しさ
十五夜は十五夜の美しさ
十三夜は十三夜の美しさ
満月のように完全ではないけれど
足りないものにもそれぞれの美しさや魅力があって
欠けているところばっかりの私は
月を見るのが大好きです

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2019年9月

一日の終わりに

悲しい事やいやな事があっても
お月様に向かって
今日はいい日だった とつぶやいてみる
それでこの日の意味が 変わるような気がするから
お月様のチカラって
すごいと思うのです

明日もいい日でありますように

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2019年8月

むくむくと湧き上がる入道雲が夕立になり
乾いた大地を潤してくれます
木陰や小さな風はやさしくて
日暮れに響く虫の声は一服の清涼剤
自然界にはやさしさがいっぱいなのですね

よいお盆をお過ごし下さいませ

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2019年7月

死は亡くなるのではない
溶けること
光、風、空気、水に溶けること
とけていつもそばにいること

フランス人の死生観だそうです
一日に何度もこの言葉を思い出しながら過ごしています

明日もどうぞよい一日を

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2019年6月

両親が植えた、藤の花、モクレン、つつじ
紫陽花、ぎぼうし、百日紅、etc、
それぞれの花が咲いたり
新しい葉が生まれたり
いのちいっぱい生きています
庭にお米をたくさん蒔いたら
スズメや小鳥は空に向かって大合唱♪
生きているって、
いのちって、愛おしいものですね

明日もきっといい日

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2019年3月

あたたかな陽光、空、優しい風
大地は芽吹きを祝福し
草花木果のやわらかな色
花のかおり
生きとし生けるものが一斉によろこび輝き出す季節
幸せが満ちあふれる春も、もうすぐですね。

明日もきっといい日

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2018年12月

月と星とが
空の果てに
幾千星の果てに
幾千の夢を紡いで織りなす流星群
涙も、よろこびも、みんな星になって輝いている

 

たくさんの幸せがおとづれますように
Merry X’ mas

明日もきっといい日

 

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2018年11月

落ち葉
生ききった花や葉は
来年美しい花が咲くことを夢見て
よろこんで土に還っていくのかも…
ふとそんな事を思った朝でした。

明日もきっといい日

 

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2018年10月

ほんのり色した秋桜が 優しく揺れている朝
おはよう
いただきます  美味しいね  ごちそうさま
行って来ます  行ってらっしゃい
ただいま  お帰りなさい
おやすみなさい
日々の中に 幸せな言葉があふれている
幸せな朝  幸せな夜  幸せな一日

明日もきっといい日

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2018年9月

星月夜
空の高さよ 大きさよ
夢一夜

明日もきっといい日

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2018年8月

満天の星と
波の音の優しい調べに
思い出が駆け巡る
過去も今も未来も、天空、時空を超えて、
みんなひとつに繋がっている不思議

紗羅の木の葉が風に揺れている
太陽と、月と、星と、
空と、雲と、海と、風と、緑の木陰
最高の幸せがいつもここにあった

明日もきっといい日

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2018年7月

 

風鈴の音色は 風からの便り

いつも一緒だよ と聴こえた朝
白い夏椿の花が咲きました

 

 

明日もきっといい日
渡辺公美子

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2018年6月


雨のかおり

紫陽花の青のやさしさに

ふと母を想う朝

つながる命は 大いなる愛の雫

「いってきま~す♪」

「いってきま~す♪」「いってきま~す♪」

元気な可愛い声の合唱が 雨上がりの明るい空に飛んでいった

おかあさん、おかげで私はとっても幸せです

明日もきっといい日
渡辺公美子

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2018年5月

薫風かおる朝

空は青く、雲は白く、

花の色り、かおり、緑の葉ずれの音、

鳥のさえずり、風のささやき

またこのステキな季節に出会えた喜び

様々ないのちの輝きが

緑の風の中をキラキラと飛行中

ロマンティックMayに花の冠を♡

明日もきっといい日

渡辺公美子

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2018年4月


春霞

薄紅色の風の中

満開の梅の花が

よろこびいっぱいに香り

春うらら





よい春の日々をお過ごし下さいますように


渡辺公美子

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |

2018年2月


雪を被った 赤い椿の蕾

いじらしい姿の下には

美しい花を咲かせようと

凍りに耐えて

せいいっぱい頑張って生きている土がありました。

春ももうすこし

みんながんばって。

明日もいい日でありますように。

渡辺公美子

カテゴリー: 社長のハートエッセイ |
1 / 512345